虫刺されのかゆみから救ってくれるのは50℃の熱湯だ!

かゆい、虫刺されがかゆすぎる。

1~2カ所虫に刺されたくらいなら我慢できる。かわいいもんだ。

しかし、ひざ下だけでも虫刺されが常時10カ所以上ある場合、しかも夏の間中・・もう手に負えない。
田舎暮らしと虫刺されは、もはやセット販売。

私はめちゃめちゃ虫に刺されやすい+虫に刺された後がひどいんです。
湿気の多いお山の夏は、べたべたした暑さがさらにかゆみを増殖させます。
1回かゆくはりはじめると、次から次へとかゆくなる。

もはや何も集中できない!

50℃の熱湯を患部にかける

そんなときは、50℃の熱湯を患部にかけてみてください。
これね、だまされたと思って試してほしいんです。
熱湯をかけた直後からかゆみがひきます。
そしてその後ほぼ半日、全くかゆみを忘れることができます。(効果の持続時間は人によって違うみたいです)

なにせ私は全身何十か所も虫に刺されていて、かゆみで常にイライラマックス。
薬は塗った瞬間からかゆみがひくというわけではないので、ついついヒステリックにぐりぐり塗ってしまう。
でもこんなに塗りたくっていいのかと罪悪感も同時に起こる。

でも50℃の熱湯は、患部にかけた瞬間からかゆみはピタっとおさまってくれるのです。
それはもう、気持ちいいくらいに!

私はこれのおかげで、毎年なんとか夏を乗り切れています。
たくさん虫に刺されてしまいブルーな気分になっても、「熱湯をかければ逃げられる」と思える安心感。

熱湯をかけ方

私はいつもシャワーを使っています。
温度設定は50℃。

しかし、50℃といえば結構の温度です。
火傷には十分注意してください。
続けてかけられるのは2~3秒くらいなので、それを4~5回繰り返します。
全部で10秒前後でしょうか。
皮膚が薄いところは特に熱く感じますので、危険と思ったら温度を下げるか、ただちにやめてください。

熱湯をかけた瞬間、患部がピリっときます。
これがね、効いてる感じするんですよね。(笑)

「うっかりたくさん虫に刺さされてしまって、かゆくて夜眠れない!」なんて時は、ぜひ試してみてください。

関連記事

田舎暮らしにこそLED!殺虫剤より効果的、まずやるべき虫対策はこれだ!

蚊取り線香の歴史、そして今も天然素材100%の蚊取り線香があった!

大人の田舎暮らし自由研究「ムカデを知ろう!生態と対策」

益虫「アシダカグモ」と暮らす、その生態と共存の日々

 

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク