大豊町・梶ヶ森のお山にある隠れ家カフェ「レーベン」

ずっと行ってみたいと思っていながら、なかなか行くことのできなかったカフェ「レーベン」。

なぜ行けなかったかというと「機会がなかった」でも「時間がなかった」でもなく、車の運転に自信がなかったから。(笑)
そう、カフェ「レーベン」は運転初心者にはかなり恐怖な山道を延々と上っていった先にあるのです。

行ったことなければ、多分途中でかなりの不安に襲われると思います。
「本当にこの先にカフェなんてあるんだろうか・・・?」

世の中では「隠れ家○○」なんてよく言われてますが、これぞ本物の「隠れ家カフェ」。

私も運転歴2年となり少しは運転に自信もついたので、今回東京から遊びに来た友人たちを連れてお山の上まで行ってみることにしました。

いざ、カフェ「レーベン」へ!

途中にはこんな絶景も!
でもこれはまだまだ序盤・・、本番はここから。

とにかくひたすら山道を上ります。

カフェまでの道を教えてくれた方は「とにかくあきらめないで上ってください」と。(笑)
確かに、これはどこかであきらめて帰ってしまう人もいるのではないか・・というレベルです。
だってカフェに辿りつくまで約20分、とにかくひたすら山道で看板も何もないんですから!

途中対向車と出くわしてしまい、「絶対にバックしたくない!」と睨みあっていたんですが、向こうも負けずにじっと待っているので白旗あげに車を降りたら、「私バックできないんです」と先手を打たれまして(笑)、仕方なく友人に後ろを見てもらいながらバック・・。

その後もひたすら上っていくと、ぱっと開けた感じのところに出ます。
そこがカフェ「レーベン」でした。

とにかく素敵です!

どこから撮っても絵になります。
「インスタ映え」しまくりです。

そして本日の目的でもあるジェラート。
そう、これが食べたかったんですよ!

ミルキーなのにさっぱり。

うまい・・・。
やっぱりうまい・・・!

実はカフェ下には宿もあって泊まることもできます。
そこにお邪魔したときに出してもらったことがあって、それ以来もう一度食べたいと思い続けていたんですよね。(ちなみに宿も超素敵です!)

そしてこのテラス席。
どんぐりが落ちてるってことは・・、これは秋の紅葉も期待できますね。

なんだか・・・どこか素敵な避暑地にでも来たようなロケーション、そして涼しい風。

気持ち良すぎて友人たちは寝てしまってるし。(笑)

これはまた秋に来なければ!
こんなところでのんびり読書の秋・・素敵です。

店舗情報:農家民宿&カフェ「レーベン」
CAFEの営業は、3月頃~12月頃の土曜・日曜・祝日のみ。
営業時間: 11:00頃~16:00頃
※農作業の都合などにより不定期にお休みする場合があるとのことなので、必ず事前に開いているか確認してから行きましょう。
090-1004-5611(渡辺)

関連記事

標高1,200m、天文台で星を観測できる宿「山荘梶ヶ森」

大豊町の「大田口カフェ」でゆるゆると過ごす昼下がり

高知県大豊町の伝統行事、施餓鬼舟が吉野川を下る満月の夜

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク