お山の木材屋は端材パラダイス!DIYアイディアの宝庫でした

ようやく暑さも和らぎ、秋の気配が漂う今日この頃。
ずっと放置していた「快適な家づくり」に本格的に着手することにしました!

東京で使っていた「木目調シート全面貼り」みたいな家具は、高知に引っ越してくる時に全て処分してきてしまったので、実は現在もほとんど家具がない。(笑)

まずは手始めに、炊飯器、オーブントースターなどを置く場所を作ってダイニングキッチンをスッキリさせたいと思います!
初めてのDIYはサイドテーブルに決定!

というわけで、早速木材を購入しにGO!

初めての木材屋

近くにホームセンターもあるんですが、ここは高知のお山!
やっぱり木材屋さんに行ってみたい!というわけで、この辺りでは1番大きいという木材屋さんへ連れていってもらいました。

最初に出迎えてくれたのは端材の山。

木材屋_1

え、なにこれ??(笑)

木材屋_2

薪・・1束500円・・。
薪の売り方が、既にイメージと違うんですけど。(笑)
今までキャンプ場とかで見てた薪は、ダンボール1箱500円とかですよね。
この辺りではまだまだ灯油ボイラーと薪風呂を併用しているところも多いので、薪が今も暮らしの中で普通に「燃料」として使われている感じがわかりますね~!

しかし薪用とはいえ、よく見てみると結構ぶ厚い板とかもあって、自分でいろいろ道具持っている人ならこれでもいろんなもの作れそう・・と、つい物色してしまう。
どの束が使えそうな端材が多いかなあ・・わくわく・・。

はっ!だめだめ、今回はサイドテーブルを作るので板材を買いに来たのです!

早速板材を見せてもらい、今回は幅15cm、厚み1.2cmの杉の板材を購入し、2枚貼り合わせて厚み約2cmの天板をつくることにしました。
下の写真が、今回購入した板材。

木材屋_3

すると木材屋さんから提案が・・。
「テーブル作るなら、通り沿いに置いてある背板(せいた)を脚にしたらおもしろいと思うんだけど・・」

「背板?」

行ってみると、そこにあったのはこれ。

木材屋_4

背板とは、「材木から角材や板をとった残りの、片面に丸みのある板」のことでした。
つまり、木の周りの部分を切り取ったものなんですね。
こんなの都会の木材屋さんでは絶対お目にかかれないですよ。お山ならでは!(笑)
確かにこれで脚をつくったらおもしろいかも!

「ただで持ってっていいよ!」(え!まじで!!!)ということだったので、「他にもいろいろ使えるかも!」と、車につめるだけつめこんで帰りました。
欲深くてスミマセン。(笑)

はい、というわけで、こちら今回ゲットした木材!

木材屋_5

これで、サイドテーブルをつくりますよ!

それにしても、お山の木材屋さんはやっぱりワクワクする場所でした!
ホームセンターにはない出会いがありますね♬

どんなものが出来上がるか楽しみ。
うふふ。

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク