買ってきた板材を丸ノコでカットする、その前に必要だったこと

さて、木材の表面も全てなめらかに整えたので、次は寸法に合わせて木材をカットしていきます。

え、「カットする」って、切るだけでしょ?(笑)

いやそうなんですけどね。これが結構「なるほど」と思うことがいろいろあるのです!

木材をカットする、その前にカット!(笑)

はい、欲しい寸法に切りだす前にまずカットします。
登場するのは「差し金」。

表裏、内側、外側に目盛が付いているL字型の金属製の工具。
かねじゃく、まがりかねなどとも呼ばれます。
長さを測る時や直角を確かめる時、直角に墨つけをする時を基本に、材料を等分割する時などにも用います。
引用:
http://www.diy-tool.com/wp/recipe/use/carpenterssquare01/

木材カット_1

板材をカットする前に、まずは差し金で板材の縦と横がきちんと直角になっているか確認します。
上の写真、わかりづらいかもしれないですが若干ずれてますよね。
このまま端から欲しい寸法をはかってしまうと、他の材と組み立てるときにぴったり合わなくなってしまいます。

なので欲しい寸法に切りだす前に、まずは板材の縦と横が直角になるようにカットする、というわけなんです!
・・そんなこと考えたこともなかった。(笑)
「信じてたのに!」みたいな感じですが、何事もまず疑わないとダメですねえ。(意味深)

長い直線を引くときはどうする?

さて、購入してきた板材は幅15cm長さ180cm。
でももう少し幅の狭い板材が必要、なんて場面ありますよね。
私も今回その必要が出てきました。

さてカットする前に線引きたいけど・・180cmの定規なんて持ってない。(笑)
途中で何度も定規をずらしながら引いていくしかないかなあ。

そんな時、師匠が無言で差しだしたのはこれ、「墨壺(すみつぼ)」。

直線を引くのに用いる大工道具。糸車に巻いた墨糸を、墨を含ませた綿の中を通して引き出し、墨糸の端の仮子 (かりこ) という小さな錐 (きり) を刺してまっすぐに張り、糸を指で弾 (はじ) いて墨線を引く。
引用:
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/120076/meaning/m0u/

木材カット_2

私はこれ、初めて見ました・・。
なにこれ超便利です!

ポンッと糸をはじくのもちょっと楽しい!(笑)
見事にきれいな直線が引けます!
でも素手でやると手に墨がついてなかなか取れないので、女子は軍手はめて使うことをおススメします!

さて、ようやくカット(笑)

出ました、電動丸ノコ!

・・恐怖。

私、電動でグルグル刃が高速回転するもの苦手なんですよね・・。
バンッ!ってなって、ブンッ!ってなって、ギャー!!!!!
みたいなことをどうしても想像してしまう・・。

丸のこの事故の中で一番多いのが、「キックバック」です。
回転している刃が材料にひっかかったり、圧迫された瞬間に強力な反発力が生じます。
その時の力で丸のこ本体や材料が丸のこ本体が、進行方向とは逆に飛んでくることをキックバックと呼びます。
キックバックが起こると大事故の元になりますが、丸のこの延長線上に体や物が無ければその確率は低くなります。
また、正しい切断を行えばキックバックはほとんど発生しません。
引用:
http://www.diy-tool.com/wp/recipe/use/circularsaw/

ほら・・やっぱりこわいじゃん・・。(泣)
使い方をしっかり学んで正しく安全に使えば大丈夫・・と何度も自分に言い聞かせてもやっぱりこわいものはこわい!

とはいえ、普通のノコギリではまっすぐ切るのも難しいし時間もかかる。
丸ノコのすごいところは、もちろん早さもあるんですが、本体の周りに「ベース」という四角い枠がついていて、それで固定しながらカットするので必ず切り口がきれいに直角になってくれるんですよね。

ま、やるしかないか・・。

木材カット_3

丸ノコを使うときは下図のような形で使いましょう。

anzen

引用:
http://diy-ch.com/kisochisiki/476/

下図のように丸ノコを使うと刃が板に挟まり、丸ノコも木材も跳ね飛んでしまうので大変危険です!

danger2

引用:
http://diy-ch.com/kisochisiki/476/

ちなみに今回細長い材を切りだすときは、危ないので板材を作業台に釘で打って固定してからカットしました。
その他にも注意点はたくさんありますが、丸ノコの注意点については丁寧に説明しているサイトはたくさんあるのでチェックしてみてください!
しかし・・丸ノコを使いこなせるようになったら、何でも作れそうだなあ・・。

というわけで、ようやくサイドテーブルの天板に使う材を全てカットしました!
いよいよ次は組み立てていきます!

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!


スポンサーリンク