バウルーでホットサンドを作ろうとしたら、西日本には8枚切りがなかった件(笑)

実家でずっと使っていたバウルー。
ホットサンドはみんなが大好きな朝のメニューでした。

しかし私たちは「ホットサンド」とは呼んでいなかった。

「バウルー食べたい!」

そう、ホットサンドのことを「バウルー」という食べ物だと思っていたのでした。(笑)
大人になって知る真実、バウルーはホットサンドメーカーの名前でした!

バウルーとは

バウルー1

私も初めて知ったのですが、このバウルー、日本の会社の製品でした!

バウルーとは、直火で焼き上げるホットサンドイッチメーカーのこと。ブラジルで生まれ、日本に上陸し、日本のスタンダードな食パンに合わせてリデザインされ、進化を重ねながら約40年間、日本の台所で使われてきました。
引用:
http://www.bawloo.com/about

てっきり海外のメーカーのものだと思っていたので驚きです!

しかも私が子供の頃食べていたということは、結構早くから我が家では使われていたんですね。

このバウルーは直火で焼くので、家のガスコンロはもちろん、アウトドアのたき火で焼くこともできるんです。しかも焼きあがるのはかなり早い。
一家に一台あると、お休みの日にゆっくりと食べる朝食やお弁当なんかにもいいですよね。

私がバウルーを好きな理由

バウルー2

それはもういろんな紹介で書かれていますが、パンの耳がカリっと焼きあがり、内側はふわっとやわらかい。

カリッふわっが、なんといってもバウルーの魅力です。

バウルーでホットサンドを作るときは、パンの内側(具の入る方)ではなく、パンの外側にバターを塗ります。そのバターがこんがりと、でもしっかりとパンに染みて、それがなんとも絶妙なおいしさなんですよ。

私がおすすめするのは断然「バウルー(ダブル)」です。

バウルー(ダブル)は簡単に2等分できるように、真ん中にラインが入ってます。
なので食べやすさもあるし、なんといってもカリッふわっを十二分に楽しめるんです!

バウルーは8枚切りのパンでつくる

バウルー3

しかし、バウルーを購入したので久しぶりにホットサンドを食べようと、そそくさとスーパーにパンを買いに行ったら、なんと、どこにもない・・・!

8枚切りの食パンが・・見当たらない。

スーパーの店員さんに聞いても「うちは置いてないです」と!
知らないうちに、世の中から8枚切りのパンは末梢されてたのか??と思ったら・・

関西で最も売れているのは5枚切り、次は6枚切り、そして4枚切りと続き、8枚切りは全体の数%だといわれています。
それに対し、関東では最も売れている6枚切りが半数を占め、8枚切りが続きます。一方4枚、5枚切りの人気はいまひとつとされています。
引用:
http://www.japan-bread.jp/bread_story/and-trivia-about-thickness-of-bread.html

そうだったんだ・・私は関東出身なので、子どもの頃は8枚切りで育ちました・・。
大人になってからは6枚切りを食べてましたが、関西では、というか西日本では、8枚切りは不人気なんですね・・。ちなみに関東では5枚切りのパンって見たことありませんでした。

というわけで、せっかくバウルーを購入したのに8枚切りのパンがないという事態に。(笑)

今回は、知人がちょうどサンドイッチ用に10枚切りをスーパーに注文されていたので、私も便乗して8枚切りを仕入れてもらいました。

でも毎回スーパーに注文するのもなあ、と思っていたら、みなさんこんな方法で問題を解決していました。

4枚切りか5枚切りのパンを冷凍して、それを半分にスライスする。

冷凍したパンで焼いてもおいしいそうですよ。

本日の四方山商店イチオシ

ホットサンドをつくるならやっぱりバウルー!
薄いパンのない西日本でも、冷凍した食パンをスライスしておいしいホットサンド作れることがわかったので、ぜひ!(笑)

 

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク