「むらさき大根」でつくる、おいしくて見ためも美しい保存食

私は本当にありがたいことに、ご近所の方からいろんなおいしいお野菜をいただいて暮らしています。これがまた買うよりおいしいんだから嬉しすぎます!

頂いたお野菜の中にあった「むらさき大根」

むらさき大根4

むらさきのお野菜って、私の中ではおしゃれなイメージ。
サラダなどでうまく使えたら、彩りが華やかになって素敵ですよね。
でも私、残念ながら家ではほとんどサラダを食べることがない・・。

どうしたらいいんだろう!

実は私は高知に移住してから大根が大好物になってしまい、大根切ってると生唾が出てくるほど。(笑)

そしてある日、どうしても、うどんに大根おろしをのせたくなった。
でも、家にあるのは頂いた「むらさき大根」。
まあ、誰も見てないからいいか・・と思ったけれど、やはりうどんの上に紫の大根おろしがのっている様子は微妙な見た目に。しかもその上に納豆をのせるという暴挙に出たものだから・・。
味は大根なのでもちろんおいしかったんですが、写真は自粛します。(笑)

そして今日、むらさき大根をくださった方にお会いしたので、どうやって食べるのか聞いてみました。

「らっきょう酢につけるときれいなピンク色になるよ」

あ、そうだったんですか!(笑)

らっきょう酢でなくてもいいんですが、酢に漬けるとピンク色になるそうなんです。
でも我が家には、訳あってたくさんのさっきょう酢が残っている。

早速、「むらさき大根のらっきょう酢漬け」にチャレンジです!

むらさき大根3c

むらさき大根は切ると、周辺がむらさきで中は白いんです。

作り方は「スライスしたむらさき大根をらっきょう酢につけるだけ」

しばらく置いておくと、きれいなピンク色になりました!

むらさき大根5

一晩漬けて数日で食べきるだけならこれでOKなんですが、保存するときのコツを教えてもらいました。

保存するときは、らっきょう酢で2度漬けする

1度めは、漬けると大根からたくさん水が出るんです。
写真は1度めに漬けたときのものですが、水分でたぷたぷになってますよね。
それを捨てて、もう1度らっきょう酢を入れて本漬けします。
そうすることで、水っぽくならないんですね!

シャキシャキして、とってもおいしいですよ!

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!



スポンサーリンク