洗濯が「ちょい快適」になる、型崩れを防ぐおすすめ便利グッズ3選

私、実はむかしから便利グッズ好きなんです。
今までいろいろ試してきたんですが、今回はその中で「洗濯に便利なグッズ」を3点ご紹介したいと思います。
「田舎暮らしだから必要」というモノではありませんが、意外と知らない人も多いので「コレがあると快適だよ!」というモノをご紹介します。

セーター干しネット

皆さんセーターを洗うときはどうやって干していますか?
ハンガーで干してしまうと、重さで伸びてしまったり、肩のところに変な跡がついてしまったりしますよね。

やっぱりセーターは濡れている間に形を整えて、広げて干すのが1番です。
普段は折りたたんでしまうことができるので、かなりコンパクトになります。
重ねて使うことができるので、数枚のセーターを場所を取らずに同時に干すことが可能です。
しかしなんといっても、これを使うようになってから、セーターの型崩れに悩まされることはほぼなくなりました!

ちなみに、私はこのネットにタケノコを並べて、外で干しタケノコ作ったりもしています。便利ですよ。(笑)

伸縮バスタオルハンガー

バスタオル、普通のハンガーにかけると横幅が足りなくてシワが寄ってしまいますよね。
だからといって物干しに直接かけると、かなりの幅を取ってしまいます。
いくら敷地の広い田舎暮らしとはいえ、そう何本も物干し置いているお宅は少ないのではないでしょうか。

バスタオルハンガー、実はステンレス製のもっとシンプルでかっこいいものもあるんですが、このバスタオルハンガーをおすすめする理由が2点あります。

ひとつめは、横幅を調節できること。
バスタオル以外にも、普通のハンガーでは幅の足りない枕カバーなどを干すときにも、横幅を調節して両端に洗濯物をはさむことができるので、風で飛ばされる心配がないんです。
ふたつめは、横棒が太いこと。
細かいことですが、乾かしている間に変な折り目がついてしまうこともなく、風も通りやすくなるので乾きやすくなるんです。

ブラジャーネット

これがあるのとないのとでは、雲泥の差があります!
ブラジャーの型崩れが劇的に抑えられます。
「ワイヤーの入ってるかっちりしたモノは使ってないから~」と思ってますか?
いえいえ、例えばノンワイヤーの下着でもカップ部分に薄いパットが入ってるもの、結構ありますよね。
そのまま洗うと、パットが中で折れ曲がったりして干す前にイライラすることないですか?
このネットを使うと、洗濯機から取り出したときにパットがお行儀よくおさまったままでいてくれているので、スムーズに干すことができるんですよ!

ちなみにこれは、真ん中に仕切りがあるのがポイントなのです。
それがあることでしっかりと固定されて、中で動かないんですよ。
仕切りがないようなものだと、結局中で動いてしまってダメなんですよね。

いかがでしたか?
ちょっとした便利グッズで、快適な洗濯ライフを!

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!


スポンサーリンク