ピーナッツバターを手作りしたら、それは終わりの見えない戦いだった

「ねえ、まさかと思うけど、これでピーナッツバター作るつもりじゃないよね。」

「作るよ。」

ピーナツバター1

「え、量少なくないっ!?」

「最初は茹で落花生にしようと思ってたから、あんまりもらってこなかったんだよねえ。
でも見てたら、やってみたくなっちゃって。」

「ピーナッツバターつくるのにどんだけ手間かかると思ってんの・・。」

「そうなんだけど、思いついちゃって。」

「あなた、いっつもそうよね。前に庭で偶然らっきょう見つけたときも、作ったのこの量よ!」

らっきょう

「・・・。」

「これっぽっち作るために、1.8Lのらっきょう酢買ったでしょ。」

「まあ・・・でも・・ほら・・、テストしてみたら、次回大量にやるとき失敗しなくて済むじゃん・・!」

生落花生からのピーナッツバター作りにトライ!

ピーナツバター2

というわけで、いきなり思いつきでピーナッツバターを作ってみました。

まず生落花生の殻を剥くのですが、これがなかなか大変です。
生なので、パリパリっといかず時間がかかる・・。
今回は量が少なかったけど、大量に作ろうとしたらだいぶ大変だなという印象です。

▶ フライパンで弱火で30分炒る!

ピーナツバター3

さて、殻をすべて剥き終わったら、弱火で30分炒ります。
15分くらい炒ってくると、香ばしい香りがしてきますよ。
焦げないように混ぜ続けます・・30分。

ちょっと周りが焦げたような色がつきました。
貴重な一粒を食べてみましたが、ちゃんと火が通っていましたよ。

▶ ブレンダーでペーストにする!

ピーナツバター4

薄皮のついたまま、ブレンダーにイン!
ようやくペースト状にするぞ!

・・・・・しかしここからが長かった。

すぐになります、粉状には。

しかし一向にペースト状にはならない。

延々とブレンダーにかけつづける。

ピーナツバター5

端にたまったピーナッツをふりながら、たたきながら、まぜながら、ブレンダーにかけつづける。

ピーナッツバターの作り方を調べた時、5分くらいでペースト状になると書いてあったではないか。

3分セットくらいでブレンダーをかけてるので総時間はわからないけれど、かれこれ2時間近くブレンダーと格闘しているですけど。

終わりが見えない!

やはりピーナッツだけではペースト状にならないんだろうか。
バターとか、はちみつとか、オリーブオイルとか、入れないとペースト状にならないんだろうか。

そんな気持ちと戦いながら、ピーナツだけでペースト状になるのか、その答えを知りたくて、ブレンダーをかけつづける。

最終的には、「しっとりしたきなこ」くらいになりました。

ピーナツバター6

うん、落花生の味はする、おいしい。
しかしペースト状というには、ちょっと粉感がある・・。

そしてここまでくるのに、計5時間くらいかかったという。おいおいおい。
でも、パン5枚分くらいは楽しめるピーナッツバターができたよ。

ピーナッツバターをはちみつと混ぜてみた!

ピーナツバター7

翌日、気をとりなおして、パンに塗ってみました。
でもそのままでは、やっぱりちょっとパンとバターに負けてしまう。

そこで「はちみつ」を入れてみました。

はちみつを入れて練っていきます。
あれ、なんかペースト状っぽくなってきた!
いい感じです!

ピーナツバター8

おいしい!!!

はい、私の「ピーナッツバターの解」は「はちみつと混ぜる」ですね。
でもピーナッツだけのペーストを作っておけば、用途によってはちみつと混ぜたり、料理のときはそのまま使ったり、使い分けられるので便利だと思います。

しかし・・ペースト状にするのはまじつらかった。

今回はこちらのブレンダーを使ったんですが、やはりピーナッツバターを作るにはパワー不足だったのか。

でも、自家製ピーナッツバターおいしかったのでまた作りたい!

調べてみると、こんなのありました。

こちらの記事に使っているところの映像がありましたが、驚愕です。

「え!そんなにすぐにペースト状になって出てくるの???」

いったいどんな仕組み・・。
こんなにおもちゃみたいな風貌なのに・・。
超うるさいけど・・。

どなたか、すぐにペースト状になるブレンダーを知ってたら教えてください。

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク