お山の「リース」づくりはプライスレス!自然のめぐみでDIY

葛(カズラ)って、何のことかわかりますか?
私はずっとつる性の何か特定の植物のことかと思ってたんですよ。

そしたら「カズラ」とは、「つる草の総称」だったんですね!

藤も野ぶどうも、なんでも、つる性であれば「カズラ」だった。
あ、みなさんはご存じだったかもしれませんが・・私は初めて知りました。(笑)

そしてこのカズラ、田舎暮らしをしていれば周辺の木にたくさん絡みついています。
我が家の庭にも、今年「野ぶどう」のツルが巻きついていました。

リース1

とてもきれいな紫色の実をつける野ぶどう、でも食べることはできません。
他に「藤」なんかも花が咲けばきれいだけど木を傷めてしまうし、お山では放っておくと至るところから出てきて庭を、山を、寝食していきます。

でも、ふと思ったんです。

これ、「リース」にできるんじゃない?

リース11

野ぶどうのつるは「くるくるとした巻きひげ」が特徴的で、これを生かしたリースづくりをしたらかわいいだろうな。お山にはリースの土台になるカズラもたくさんあるけれど、リースの飾りになるもモノもたくさんあるんです。

でも、飾りをリースに固定するのはどうやるんだろう・・。
そう思っていたところ、地元で「リースづくり体験」があるというので、お邪魔してきました!

購入したのはワイヤーとリボンだけ!

リース3b

今回用意されていたのは、カズラ、モミの葉、西洋ヒイラギ、松ぼっくり、キンカン、うばゆり、など。
全て、お山やお庭で採ってきたものばかりで、購入したのはワイヤーとリボンだけ。
なのに、すごく華やかですよね!

リース5b

拾いもの好きな私としては、これ、テンションあがります。(笑)
記事:田舎暮らしは拾いものパラダイス!

リースの土台をつくる

リース6

つるは採取してすぐに、使いたいリースの形にしておきます。
乾燥すると硬くなってしまって、モノによってはうまく形をつくることができなくなるからです。
まだ水分の多いときに、つくりたいリースの形をつくっておきましょう。

細めの繊細なリースをつくりたければ、巻きを少なくしてわざとゆるく巻いてみたり、しっかり装飾をしたければ、巻きも多めして太くてしっかりした土台にしておくなどお好みで!

飾りをつける

リース7

飾りはワイヤーで固定していきます。

今回はモミの葉を全体につけてから、松ぼっくりや西洋ヒイラギ、キンカンをつけていきました。

モミの葉以外は、飾り自体にワイヤーを巻いてしっかり固定させてから、それをリース本体に取りつけていくとしっかりつきます。

「お山のリース」、いかがですか?

リース8b

これ全部、私の住む地区周辺で採取したものでつくったリースなんですよ!

ちょっと小さめのものもつくりました。
これはモミの葉を控えめにしてリボンをつけてみました。

リース9b

クリスマスだけでなく、松や南天などをつければかわいいお正月飾りにもなる「リース」。
すぐにはびこるので普段は迷惑なつる草ですが、リースづくりにトライしてみれば「お宝」に見えてくるかも!

関連記事

カラスウリの種は「金運のお守り」、そのエンターテイメント性がすごかった!

田舎暮らしは拾いものパラダイス!

 

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク