田舎暮らしには「スニーカー」な理由、そしてやっぱりニューバランスはすごかった

田舎暮らしをはじめてから、私はほとんどスニーカーしか履いていない。
それは「たくさん歩くから」とか、「道が悪いから」とか、そういう理由じゃないんですね。

車の運転は、やっぱりスニーカーが1番運転しやすいから!

私は「車の運転経験は過去3回・・」というレベルで高知のお山へやってきました。

なので、最初にまず乗り越えなければならなかった壁は「車の運転」だったのです。(笑)
そう、高知のお山は、というか、高知は、でもいいと思うんだけど、車がなければどこにも行けない。

こわいことが大嫌いな私は車の運転も、できればしたくなかった。
正直、1番信用ならないのは自分です。(苦笑)

そうすると、脱げやすい靴とか、ヒールのある靴とか、足首が動きにくい靴をはいて車を運転する勇気がないわけです。
でも家からどこかへ出かけようとすれば、移動の手段は車しかない。
となると、結局いつもスニーカーになってしまう。

newbalance1

今はさすがに、「絶対スニーカーじゃないと運転できない!」というわけではないけれど、やっぱりスニーカーで運転する方が安心できる。

なので、必ずしも「歩くため」にスニーカーを履いていたわけではなかったので、スニーカーは基本デザインで選んでました。
ほとんど毎日同じスニーカーを履き続けて、履きつぶしたら次、みたいな感じで買い変えていたんですね。

で、今回は東京帰省中、それまでかかとを踏んで履きすぎていたため、スニーカーのかかとの内側が破けて、中からプラスチックの板みたいのが飛び出してきた。
歩いているとかかとに刺さって痛い。
履くときに、手で押し込めながら履いていたんだけども、もうどうにもならなくなってきてスニーカーを買いに店へ駆け込んだ。

たまたまそこにあった、ニューバランスのスニーカー。

デザイン的に別のスニーカーを選ぼうとしていた私に、やはりデザイン的な理由でニューバランスを勧める友人。(笑)一応、ニューバランスのスニーカーも履いてみた。

そしたら、なんだ、これは!!!

足全体を包み込むホールド感。

歩行の衝撃から守るソールの弾力感。

全然違う。

newbalance2

即決でニューバランスのスニーカーを購入。(笑)

「ニューバランスのスニーカーはいい」って、よく言うじゃないですか。
ホントだったんですね、アレ。

でも私がもっと驚いたのはその後。

私は実家でおもいっきり足を壁に激突。
あまりの傷みに病院へ行ったら、薬指を剥離骨折の疑い・・。

お医者さんからは「とりあえず安静にしててください」。

そうは言っても、友人たちと会うために連日出歩いていたので安静にもしてられない。
高知だったら車移動だからそんなに歩くことはないけれど、東京はとにかく歩かないとならない。

でもこれが、ニューバランスのスニーカーのおかげか、家で靴を履いてないときよりもスニーカーを履いて外を歩いている時の方が痛みが少なかったんですよ。

しっかりを足全体がホールドされ、弾力のあるソールが歩行による衝撃を吸収してくれていたからなんだと思います。
他のスニーカーで試しているわけではないので、これは一個人の感想でしかないことは重々承知しておいてもらいたいとはいえ、完全にニューバランスへの信頼感が増したのでした。

しかし壁に足をぶつけてこんなことになるとは、私はいったいどんだけ勢いつけて歩いてるんだ・・。

本日の四方山商店イチオシ

ニューバランスのスニーカーは、番号によってその形やフォルムが分かるようになっています。
今回は代表的な型番のものをご紹介しますね。

※サイズのご確認はお忘れなく!

▶996
900番代は比較的細めのシルエット。
私が購入したのは、まさにこちらのスニーカーのベージュですね。

▶1400
歩きやすいということで、非常に高い評価を受けているのが1400。
でも価格もかなり高めになります。

▶574
500番代は幅が太めで丸みのある型。
価格は比較的安めのようです。574はその中でも人気モデル。

ニューバランス、型番とか○○産とか、はまるといろいろ欲しくなりそうでこわい。(笑)

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク