テントウ虫と暮らす、懐かしき蜜月の日々

みなさんは、テントウ虫と一緒に暮らしたことありますか?
私は、あります。

それは昨年の冬のこと。
秋も深まってきたある日、家の中でテントウ虫を散見するようになりました。

namitento2

なぜこんな時期に、しかも室内で・・という疑問を抱きつつ、ある日ベランダに面した障子をあけると・・

バラバラバラーッ え!?

なんとテントウ虫が、バラバラと落ちてきたのでした。
見上げると100匹を超えるテントウ虫が重なり合っているではありませんか!

そう、テントウ虫って「越冬」するんです。
その越冬場所として、我が家が選ばれていたのでした。

namitento1

さすがにその時はあまりの数の多さゆえ、でもテントウ虫に殺虫剤をかける気にもなれず、小さなほうきでコップにバラバラと落としては外に出すという作業を繰り返しました。

しかし室内にいるテントウ虫全てを外に出すことはできず、結局一冬をテントウ虫と共に過ごすことに。

テントウ虫との蜜月は、思い返せば楽しく、私がしつこく「#テントウ虫と暮らす」というハッシュタグと共にSNSで投稿するテントウ虫ネタを楽しみにしてくれる人たちも現れました。(笑)

namitento3

しかし今年の冬、テントウ虫はあまり現れてくれませんでした。
ぶっちゃけ・・さみしい。(泣)

「テントウ虫どうしてる?」と聞かれるたび、肩をふるわす日々。

床をのそのそ歩くテントウ虫を「もう、危ないでしょー」と言いながら非難させて掃除機をかける日々。
台所のシンクで溺れるテントウ虫を「大丈夫??」と言いながら助け出す日々。
夜のスタンドライトをぐるぐると回り続けるテントウ虫を「いったい何してるんだろう」とニヤニヤ眺める日々。

namitento4

指を差し出せば、のそのそと上ってきて、
パソコンを開いていれば、キーボードの上をうろうろ邪魔をする。

さすが、愛され系の虫は堂々としています。(笑)

まあ、うっかり私につぶされたであろうテントウ虫をときどき床で見かけましたが。

私の家で越冬していたテントウ虫は「ナミテントウ」というテントウ虫。
黒、赤、黄色、オレンジなど文様の種類も多く、文様のないものもいます。
それもまた楽しいんですよね。

namitento5

私の家で、唯一歓迎された虫であるテントウ虫、なぜ今年は来なかったのだ。
私は冬の間、「テントウ虫と暮らす」という記事をしつこく書いてやろうともくろんでいたのがバレたのか。

そろそろ、テントウ虫が春を感じて活動的になっていた季節がきます。

(泣)

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク