ヤブカンゾウのツボミを食べてみたら、アスパラの味だった!

ヤブカンゾウって、知ってますか?
里山で結構生えている、オレンジのユリみたいなお花です。
てか、ユリ科ですね。

ヤブカンゾウ、これです。

このヤブカンゾウは、新芽や花、そしてツボミも、食べられるんです。
そして以前、このヤブカンゾウのツボミを食べさせてもらったことがあって、すごくおいしかった記憶があって、もう一度食べたいと、ずっと思っていました。

ヤブカンゾウはそんなに珍しい花ではなく、里山では7月になると至るところで大きなオレンジの花を咲かせます。

しかし田舎では、勝手に取るのはご法度。
あきらかに誰も取ってないし、しばらくすると無残に草刈り機で刈られてたりするので、取っても誰もおこらないだろうなあと思いつつも、ずっと指をくわえて見ていました。

そしたら、あるじゃないですか!
知人の敷地に!

早速ツボミを収穫させてもらいました。

ちょっと小ぶりでしたが、うっすらオレンジになったツボミをとりあえず試しに収穫。

一応虫出しのため30分くらい水につけてから、蒸すこと5分。
茹でてもいいようだったんですが、蒸すとより食感がよいとのことで今回は蒸してみました。

以前食べた時は、サラダにのっかってたんですよ。
私の記憶では、茹でたアスパラのような味だったんです。
さて、どうだろう、私の記憶は正しかっただろうか。

いざ、実食!

おいしい!やっぱりおいしいです!

はい、やっぱりアスパラです!
ちょっと酸味のあるアスパラですね!
私は今回マヨネーズつけて食べました。

でもね、実は「ヤブカンゾウ レシピ」とかで検索すると、一番出てくるのは「新芽」なんですよ、その次に花。

ということはですよ、新芽はどんだけおいしいんだよって話ですよね。
気になります。

気になるけど、まずはツボミ、食べてみてください。
新芽探すよりわかりやすいです。
派手なオレンジの花を咲かせてるので。(笑)

食べてみたら、すごくびっくりすると思いますよ。

【関連記事】

ビワをまるごと使った、ビワのコンポートと種でつくる杏仁豆腐

田舎暮らしは桑の実パラダイス!甘い果実でジャムをつくろう

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク