これがおすすめ!ブルーベリーシロップのつくり方

今年はブルーベリーをたくさん採らせてもらって、とっても贅沢な夏でした。
そしてブルーベリーソルべ、ブルーベリージャム、そしてブルーベリーシロップに挑戦。

ブルーベリーシロップのつくり方は調べてみるといろいろあってどの方法がいいのかかなり迷いましが、今回は2種類の方法を試してみました。

私のおすすめは、最初に紹介する「ブルーベリーを砂糖と一緒にビンにつめる方法」です。

ビンにつめてつくるブルーベリーシロップ

つくり方は簡単です。
ブルベリーに対して半分の砂糖を用意します。
(レシピによって、ブルーベリーと砂糖を1:1にしているところもあったりいろいろなのでお好みで)
ビンにブルーベリーと砂糖を交互につめたら、後は砂糖が完全に溶けるまで待つだけです。

ちなみに私は冷凍したブルーベリーを使いました。

砂糖が完全に溶けるまで5日~1週間くらいかかったかなあ。
そして溶けてからも多分2日くらいは置いてみました。
ブルーベリーエキスをしっかり出しきりたいですもんね!

さて、完全に砂糖が溶けたらブルーベリーは取りだします。

おお、ブルーベリーがしわくちゃになってます。
この姿がエキス出しきった感あって好きなんですよね。

梅シロップをつくる時も、最後に取りだした梅はこんなふうにしわくちゃに硬くなってて、そうなってるときはおいしいシロップができてます。

鍋で煮詰めるブルーベリーシロップ

これは思い立ったらすぐできるので、時間がないときにおすすめです!

でもやっぱり、ブルーベリーからエキスが出きった感は薄いです。
ブルーベリーもしわくちゃにならないし、やっぱりシロップも少し薄い感じがします。
作ってすぐに、ブルーベリーも一緒に入れてジュースにするとかなら素敵ですが、純粋にシロップをつくるならあんまりおすすめしません。

いかがでしたか?

四方山商店ではこの夏、地元のイベントでこのブルーベリーシロップを使ったスカッシュとソルべを出して大好評でした!

家でこんなの出てきたら嬉しいですよね!
簡単なのでぜひ試してみてください。

本日の四方山商店イチオシ

今回、出店用に購入したセラーメイトの保存瓶(2Lサイズ)。
セラーメイトの保存瓶は、やっぱり見ためのかわいさが抜群です。
しかしそれだけでなく、思った以上に使いやすかった。

しっかり密閉される安心感もあるし、ゴムパッキンをぺらんとはがして洗うだけなので手入れも簡単。
そして思ったよりも、取っ手があるのってやっぱり便利だなというのは使ってみて思ったこと。
なくてもいいかなあと思ったけど、やっぱりあった方が便利です。(取っ手がないものも販売されてます)

そして合わせて購入しておくと便利なのがこちら。
瓶は深いので、普通のスプーンではシロップが取りにくいので持っていると便利ですよ。

関連記事

ブルーベリーだけでつくる、シンプルで贅沢な濃厚ソルべ

冷凍梅を使って一晩でできる、おいしい梅シロップのつくり方

風景になってしまった「実り」を暮らしの中に取り戻す

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク