高知で大人気「かいだ屋」の並んでも食べたい絶品うな重

ずっと行ってみたかったお店がありました。
高知にあるうなぎの名店。
ものすごい人気店なのでかなり並ぶとか、出てくるまですごく時間がかかると聞いていたので、なかなか気軽には行けなかったんですが、ようやく、行ってきました!

東京から遊びにきた、特に気乗りしていなかった友人を連れて。(笑)

私「すごく混むらしいから開店の11時に行きたいんだけど」

友人「え、でも私まだそんなにお腹減ってない・・」

私「でも焼くのも時間かかるから」

友人「はあ・・」

というわけで、お店に着いたのは11時半。
しかし、駐車場はすでに満車。
結構駐車場は広いのに、早くもやばい雰囲気・・。

そして、そう、まず我々を迎えてくれるのは、この駐車場の飛行機。
関東でうなぎの名店といえば、それなりの歴史を感じる店構えなのが普通だったので、まずはこのノリの軽さに驚きます。(笑)

そして、もちろん既に満席。
既に10組近くのお客さんが待っていました。
うなぎ焼くのにも時間かかるって言ってたけど、全部でどのくらい待つことになるんだろうか・・と思っていると、店員さんがツカツカと出てきました。

待ち時間ならぬ焼き時間、「100分」!

こ、これは、先が長い!!!

覚悟を決めて待つこと30分、意外と早く席に案内されました。
しかしやはりそこからが長かった・・。

しかもメニューがうなぎしかないから、何かをつまみながら待つということもできない。

うなぎの骨をカリカリに揚げたやつとかメニューに入れたら、待ってる間にバンバン出ると思うんだけどな。
むしろうなぎと関係なくても、キュウリとか、トマトとか、なんかつまめるもの、売上にかなり貢献してくれるんじゃないだろうか。
というか、むしろ置いてください・・。

手持ち無沙汰に待つこと1時間。

ようやく「うな重」きました!

私は生まれも育ちも関東。
関東では、うなぎは蒸してから焼きます。
なので、焼きあがったうなぎはふわっふわ。

でも西では、蒸すという工程がありません。
焼き方がうまくないと、うなぎの身が縮んで硬くなっちゃうと思うんですよね。
さて、「かいだ屋」のうなぎはどんなお味なんでしょうか!

一口食べて、

「なるほど!」

「これはうまい!」

「かりふわだ!」

周りはカリッと焼き上げてあり、中はふわっ。

これは明らかに関東のうなぎとは違います。
これは、癖になるおいしさ!

「こんだけ並んでも来る気持ちわかるわ」

だって、お店に到着してからうなぎにありつくまで、ほぼ2時間近く待たされるわけです。
この日は平日だったにも関わらずこの混雑。
いったい、みんなどんだけ時間あるんですか、みたいな。(笑)

でも、これは、並んでもまた食べたいという気持ちになりますね。
それが我々の答えでした。

しかし、本当に、時間のある時に来るべきです。
そして間違っても、おなかぺこぺこの状態で来てはいけません。(笑)

店舗情報:かいだ屋
住所:高知県南国市浜改田1330-3
電話番号:088-865-3740
営業時間:
[火~金] 11:00~14:30 16:30~19:00
[土・日・祝] 11:00~19:00(繁忙期は売切れ次第終了)
定休日:月曜、第1・3火曜、丑の日

関連記事

南国市にある韓国料理店「景福宮(キョンボックン)」で至福の時間

ぎりぎりきわきわの柔らかさが絶妙!うどん屋「麺房三宅」

高知のラーメンチェーン店「豚太郎」が自由すぎる件(笑)

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク