炊飯器で一晩保温、おいしいスモモシロップができました!

炊飯器で一晩保温してつくるシロップといえば、梅。
冷凍梅を使って一晩でできる、おいしい梅シロップのつくり方

これは、シロップづくりの中では割とポピュラー。
そして、超おすすめです。

じゃあ他のシロップはどうなんだろう、というと、一気に体験談は少なくなります。

でも、スモモもいけそうだよなあ。
ということで試してみました!

炊飯器でスモモシロップをつくってみる

梅と同様、スモモも事前に凍らせておきます。
こうしておくことで、好きなときにシロップをつくれるのもいいんですよね。

事前に凍らせたスモモ1kgに氷砂糖500g。
スモモ2:1氷砂糖の割合ですね。

それを炊飯器に入れます。
最初にスモモ、その上に氷砂糖と重ねていって、一番上に氷砂糖をかぶせます。

そして炊飯器の「保温」ボタンをぽちっとするだけ。
最初のうちは時々開けて、混ぜてあげてください。

一晩待てば、できあがり!

どうですか!
めっちゃきれいな色ですよね!

梅のようにシロップができた後のスモモはしわしわにはなりませんが、しっかりスモモエキスは出たようです。

おすすめはスカッシュ。
梅のように酸味はないので、夏の暑い日はスカッシュにするとおいしいです!

こちらも先日のお山のてづくり市で出しました。

私が使ったスモモは中が真っ赤なソルダムではなく、中が黄色いスモモ。
でも皮に入った赤い色がきれいな色のシロップにしてくれます。
ソーダで割ると、色がサーモンピンクになってかわいい。

これもブルーベリーと同じで、ソルべもできます。
また別の記事でつくり方、紹介しますね。

ちなみにシロップをつくった後のスモモ、もったいないからと思ってジャムにしてみましたが、普通につくっただけではあんまりおいしくありませんでした。
そりゃそうですよね、エキスが出た、いわば出し殻のようなものなわけですから・・。

関連記事

風景になってしまった「実り」を暮らしの中に取り戻す

冷凍梅を使って一晩でできる、おいしい梅シロップのつくり方

これがおすすめ!ブルーベリーシロップのつくり方

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク