アートやカルチャーに触れられる場所「CORENS(コレンス)」

私は普段お山を下りて高知市内に行くことはあまりないのですが、今話題の「ハーバーリウム」のワークショップに参加するため、久しぶりに市内まで行ってきました。

さて、その会場となったのが今回ご紹介する「CORENS(コレンス)」です。

元学校だった場所を、再び人の集う場所へ

「こんなところがあるんだ!」と思ったら、昨年(2017年)にできたばかりでした。
ここはもともとコレンス洋裁女学院という学校で、その役目を終え取り壊し前提で売りに出されていたところを地元の建築プロデュース会社「ライフ・カラーズ」さんが購入し、建物を取り壊さずにリノベーション。
アートやカルチャーに気軽に触れることのできる場所へと生まれ変わらせたのでした。

コレンスという名前も引き継いだんですね。

飲食店や雑貨屋、フリースペースなど

コレンスの1階には、2つの飲食店が入っています。
カレー屋さんの「AlpaCafe」とピザ屋さんの「PZZERIA LIBERTA」。
今回は食べる機会がなかったんですが、いずれにしてもゆっくり落ち着ける広々としたおしゃれな空間で居心地がよさそうでした。
次回行ったときにはぜひこちらでランチを食べてみたいな。

PZZERIA LIBERTAさんは庭に面していてテラスにも席があったので、外でも食べれるなら暖かくなった頃行ったら気持ち良さそうです。

他にもかわいい雑貨屋さんや整体、ギャラリーなどが入っています。

フリースペースは誰でも借りることができる

コレンスには、誰でも借りることができるレンタルフリースペースがあります。
私も今回このレンタルスペースで開催されたハーバリウムのワークショップに参加していたんですが、その時はハーバリウムの写真ばかりで部屋の写真は撮っておらず・・。

はい、上のハーバリウムの写真は私がその時につくって、その部屋の床で(笑)撮影したものです。
雰囲気伝わりますでしょうか。
って、伝わらないですよね。(笑)

スミマセン、写真はコレンスHPでご確認ください。
⇒ コレンス・フリースペース

個人的な印象としては、女学院的な雰囲気、というか、ちょっと修道院的な雰囲気もあって、なんとも素敵です。

ワークショップやセミナーなどの利用だけでなく、物販などにも使えて販売手数料なども取られないので、何人かで集まって1日だけお店を開くなんてのも素敵ですね。

駐車場は近隣のコインパーキングを

コレンスには駐車場はないので、車は近隣のコインパーキングにとめる必要があります。
私が今回利用したのは「タイムパーク桜井町」。
コレンスまで徒歩2~3分なのでおすすめです。

CORENS(コレンス)
住所:高知市桜井町1丁目4-5
営業時間や定休日は店舗によって異なります。

関連記事

南国市にある韓国料理店「景福宮(キョンボックン)」で至福の時間

高知で大人気「かいだ屋」の並んでも食べたい絶品うな重

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク