手動のみじん切り器「ブンブンチョッパー」が便利すぎる件

私は諸事情により現在東京の実家に帰り、1歳半の甥っ子の子守りをしています。

子守り・・高知に移住してから、子どもと接する機会は劇的に増えていたものの子守りとなるとまた別の話。
しかも私は普段高知暮らしで、最初のうちはなかなかうちとけてもらえませんでした。
でも毎日おむつを変えたり離乳食をつくったり、体を張って遊びながら少しずつ距離を縮めています。

さて、今回はそんな暮らしの中で「へえ、これ便利だね」と思ったものをご紹介します。

手動のみじん切り器「ブンブンチョッパー」

商品名、いろいろあります。
「ビュンビュンチョッパー」だったり「ブンブンチョッパー」だったり。
電気を使わず、ひもをビュンビュン引っ張るだけで中の刃が回転してみじん切りができるというものです。

そして実家にあるのはこれ、ブンブンチョッパー。

もともと甥っ子が生まれたときに、妹から出産祝いにリクエストされもの。
私がプレゼントしたのは外国製で多機能のおしゃれなソレなんですけどね。

でもみじん切りで使用するだけならむしろこれがいいと思います。
三枚刃でよく切れます。

電気がなくても手動で「超みじん切り」ができる優れ物。
みじん切りじゃないんですよ、超みじん切り。

離乳食作りに超便利なみじん切り器

我が家ではこれを使って甥っ子の離乳食用に、にんじんやりんご、たまねぎ、ホウレンソウなどの葉物や鶏肉などを「超みじん切り」にしています。

離乳食が始まったばかりの頃は超細かく、慣れてきたら少しずつ荒くして噛む練習。
そういう調整を簡単にできるのです。
超細かくすると、ほとんどすりおろしたみたいな状態になるんですよ。

電気を使わなくてもできるって、絡まるコードもなしにできるって、ホント素晴らしい。
しかもどんどんみじん切りになるのが結構楽しかったりするんです。

とろろそばも簡単にできる

とはいっても普段の暮らしの中ではそこまで細かいみじん切りが必要なときってないし、私はみじん切りとか千切りとか結構好きなのでこういうものは不要だなあと思っていたんですが、そんな私でもちょっと心を動かされたのがこれ。

とろろが簡単にできる。

ザックリカットした山芋を入れてビュンビュンすれば、気軽にとろろが作れるんです。
とろろって、ときどき食べたいけど面倒じゃないですか。
すりおろしていると滑るし、最後の小さなかたまりどうするのよ、みたいな。

でもこれなら山芋をザクザクっと切ってビュンビュンするだけで、最後のかたまりにも悩まされません。
いいですね、これ。

粘り気の強い山芋は、すりおろしてそのまま団子状にしてお鍋やお汁の中に入れるのもめちゃめちゃおいしいじゃないですか。
そういうのも気軽にできる!

子どもが大きくなっても使えるし、うん、やっぱりかなりいいですね、これ。

本日の四方山商店イチオシ

私が今回おすすめするのはブンブンチョッパー。
実家で使用しているのがこれで、みじん切りの機能しかありませんが3枚刃なのでよく切れます。

そして私が出産祝いにプレゼントしたのはおしゃれで多機能なレズレーのマルチカッター。
みじん切り以外に、野菜の水きりや具材を混ぜてソースを作ったりもできます。

関連記事

「ムッキーちゃん」があれば、文旦の皮むきもラクラクです!

使いきれない野菜は「らっきょう酢」で保存しながら一品料理

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク