待望のNHK見逃し配信サービス「NHKプラス」スタート!

スポンサーリンク

今春、私の待ち望んでいたサービスがスタートしました。
それはNHKの見逃し配信サービス「NHKプラス」!

「NHKプラス」とは

ざっくり言うと、「NHKプラス」とはNHK総合とNHK教育で放送された番組を放送後1週間、ネットで見ることができるというサービスです。

今までもNHKには「NHKオンデマンド」というサービスがありました。(今もあります)
でもこれ、有料サービスなんです。
NHKの受信料払っている人も、払っていない人も、等しく、そう、等しく有料でした。

NHK受信契約をしている身としてはどうも納得できない。
あれだけ受信料払えと言いながら、ここ平等に有料化しちゃうんですか。
無料が無理ならせめて受信料払っていない人よりも安くしてくださいよ。
モヤモヤ。

しかしその声が、ようやく届いたのです!?
「NHKプラス」はまさに私が望んだ通り、NHK受信契約をしていれば「無料」でNHK総合、NHK教育の番組を放送後1週間見ることができるのです。
これで時間に関係なく、いつでも見たい番組が見れる!

このサービス、実は出来立てホヤホヤ、2020年4月1日から本格スタートしたばかりなのでまだ知らない人も多いかと思います。

「NHKプラス」の登録方法

さて、見逃し配信を見るためには登録が必要です。

NHKプラスIDの登録

登録の流れとしては、オンラインで申請後、NHKが受信契約を確認し「確認コード」を記載したハガキを申請者に送付、そのコードを入力することで本登録が完了するという仕組みです。

「そうすると、ハガキが来るまで見逃し配信見れないのか」と肩を落とすのはまだ早い。
なんと登録申請すれば、ハガキが届くまでの間も仮登録的に見逃し配信を見ることができるのです。
これはNHKさん、なかなか憎い。

ちなみにハガキは1~5週間で届くと書いてありますが、私は1週間くらいで届きました。
届いたハガキには「確認コードの入力期限はハガキ到着から約2週間」と書いてありましたので、期限までに確認コードを入力しないと見ることができなくなるのだと思います。

NHK受信契約が確認できなかった場合は、おそらく「NHK受信契約のお願い」的なメールなりハガキなりが届くのでしょうね。

「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違い

NHKプラスは、あくまで見逃し配信サービスなので、無料ですが1週間で見ることはできなくなります。
一方、「NHKオンデマンド」は有料でいつでも過去の番組を見ることができます。
お金さえ払えば、GWに「あまちゃん」全編見る、なんてこともできるのです。
まるごと見放題パックなら月額990円、その他単品ごとに購入することもできます。

ちなみに「NHKオンデマンド」はAmazon Primeでも同額の990円で契約できるので、そうすればFire TV Stickを使っている人は他の配信サービス同様、パソコンを使わずにテレビモニターで見ることもできますね。

残念ながら、現在「NHKプラス」はまだFire TV Stickのアプリで見ることはできません。
はよ~。

「NHKプラス」の詳細、登録はこちらからどうぞ。

本日の四方山商店イチオシ

やはりこれ、Amazon Fire TV Stick!
便利すぎるのでみんな買うべき。
詳しくは別記事でも書いてるのでこちらもぜひ。

関連記事

田舎暮らしこそ Amazon「Fire TV Stick」で最高のエンタメを

 

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク