キッチンのシンクを洗剤なしでスッキリ洗えるブラシ

我が家の前を流れる吉野川を眺めながら、自分にも使えるエコな洗剤はなんだろうと模索しつつ、そもそも自分の食器の洗い方自体のひどさを見直したりしている今日この頃。(笑)

エコな食器用洗剤を考える前に必要だった、普通のこと(汗)

食器を洗う洗剤をエコなものに代えようとしているのに、シンクを洗うのには今まで通りマ○ックリンでは本末転倒。(笑)
でもどうしようかなあと思っていたとき、このブラシを見つけました。

がんこ本舗 海をまもるキッチン&ベジブラシ

こちらのブラシ、ネーミングにもあるようにシンクまわりのお掃除にも、野菜の泥落としなんかにも使えるというブラシです。

でも今回は、シンクまわりのお掃除用ブラシとしてご紹介したいと思います!

こちらのブラシ、エコ系の洗剤に詳しい方ならご存知の「がんこ本舗」さんの商品です。私も洗濯洗剤「海へ・・」の愛用者です。
環境に配慮しながらも、使いやすさを追求した商品開発をしているとても素敵な会社さんです。

では、今回ご紹介する「海をまもるキッチン&ベジブラシ」の特徴を説明しますね。

1.ゴム加工したブラシにより、水だけで汚れをずらし吸着する。

まあ、これだけだとまだよくわからないですよね。

このブラシ、とにかく毛の量がすごいんです。細くて多い。まさに密集。
毛の量が普通のブラシの3倍、ということですけど、なんとその毛の1本1本が細かく裂かれていて、そうなると毛の数は、普通のブラシの10倍になるという。(笑)

しかもこれ、ブラシの毛を1本1本、手でほぐしているそうなんです・・!

でもこの「ほぐし」こそがこの商品の値打ちを決めるポイントだと、がんこ本舗さんはおっしゃってます。そしてそれは、手にとって使ってみればわかります!

2.ブラシの弾力がすごい。

ブラシ部分を平面に押しつけても、普通のブラシのようにペタ-っとはなりません。
毛自体にもコシがあるからだと思いますが、とにかく毛の密集度がハンパないんです。(笑)
しかもただ毛が多いというだけではなくて、手でほぐした毛先が絶妙にからみあって良い感じの弾力を生んでいる、という感じです。
ちょっと今まで見たことがないようなブラシです。

ゴシゴシこすっても全くへたらない!

かといって毛が固すぎてシンクに傷がつくんじゃないか、という感じでもない。
やっぱり、「弾力がある」というのが一番ぴったりくる表現でしょうか。

そして肝心のシンクですが、はい、気持ちよくつるっときれいになります。
むしろ洗剤で掃除していたときよりも、スッキリした印象さえ受けます。

洗剤なしでも全く問題ありません。

シンクについてしまったコーヒーやお茶の黄ばみは、重層をふりかけてブラシでこすればきれいに落ちます。まあそもそも、食器にしてもシンクにしてもコーヒーやお茶の黄ばみって洗剤では落ちないですよね。(笑)重層はホント必需品、重層で磨けばシンクの黄ばみもスッキリきれいに落ちます。

3.ゴミ受けの細かい網目もスッキリ洗える。

そして、排水口のゴミ受けをこのブラシで洗うと気持ちよいんですよ!
細い毛の密集したこのブラシでゴシゴシ洗うと、細かい網目まですっきり洗えて超気持ちいいんです!

私は、排水口のゴミ受けにふたもネットもしていません。

ゴミ受けにたまったものをこまめに捨てることで、「勇気を持って排水口のふたを開ける」という儀式がなくなってとてもいいんですよ。(笑)
このブラシがあると、ゴミを捨てた跡もすぐ気軽に洗えていつでもすっきりです!

5.でもちょっと惜しい部分も・・・

でもちょっとだけ使い勝手の悪い部分もあります。

排水口の奥まで洗おうとしたとき、ブラシが大きくて排水口の奥の溝に入らないんですね・・。
もう少しサイズの小さいものもあるといいなあ。

とはいえ、このブラシの使い心地は一回試してみてもらいたいです!

 

ちなみにこちらのシリーズ、キッチン用だけでなく、お風呂用、トイレ用も販売されています。
私はお風呂用も持っていますが、こちらもタイルにつくカビなど洗剤なしでも落ちてくれますよ!

関連記事:
エコな食器用洗剤を考える前に必要だった、普通のこと(汗)

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!



スポンサーリンク