冬本番、初めての湯たんぽは「ポリ湯たんぽ」がオススメ!

田舎の冬は、寒い!
お山の朝晩はかなり冷え込むので、体がなかなか暖まらない。
湯船に浸かっていても、お湯がどんどん冷めてしまうんですよ・・。

そんな季節、やっぱり「湯たんぽ」は必需品!

湯たんぽって実は体が芯から温まるすぐれモノ。
やさしくじんわり温まる感じは、湯船につかっているみたいな心地よさです。
昼でも肌寒い日には、膝にかけたブランケットの上に湯たんぽをおけば、ほんわかやさしい温かさが沁みてきます。
お布団の中に忍ばせれば、温かさで体の緊張もほぐれてぐっすり眠ることができますよ。

湯たんぽ初心者には「ポリ湯たんぽ」がおすすめ

湯たんぽ1

今まで、金属製、ゴム製、プラスチック製と使ってきたんですが、湯たんぽ初心者にはプラスチック製をおすすめします。
金属製は直火にかけられたりもするんですが、なにせお湯を入れると周りがかなり熱くなるのでちょっと危なくて扱いづらい。ゴム製も熱が伝わりやすく、低温度のお湯を入れても結構熱く感じてしまいます。

やっぱり1番「やさしい温かさ」を感じるのは「ポリ湯たんぽ」なんですよね。

ポリ湯たんぽは80℃くらいのお湯を入れるので、お湯を沸かして熱湯のまま入れることができないのがちょっと面倒に感じるかもしれないですが、金属製のような「ちょっとでも触ったらすぐ火傷しそう・・」みたいな不安はありません。ちなみにゴム製で入れられるのは70℃くらいまでなんですが、それでも使っていると熱く感じます。

でも実は、ポリ湯たんぽ(プラスチック製)ってかわいいカバーが売ってないのが難点。

おすすめはCUSE BERRYのポリ湯たんぽ!

CUSE BERRYのポリ湯たんぽは、カバーもかわいいものが揃っているのでおすすめなんです。

カバーだけを購入することも可能というのが嬉しい!もちろん本体だけを購入することもできます。
大人はシンプルなデザイン、お子さんはかわいい絵柄と選べるのも嬉しいですね。
もともと育児雑貨などを作っているメーカーさんなので、カバーデザインも家族で使うことをイメージされてるんだと思います。

本体もさすが日本製!しっかりした作りです。

実際に湯たんぽを手でなでていくとわかるのですが、手がひっかかるような部分がまるでない。細かい部分まで絶妙に丸みをつけてあって、安全性にとても気を使っているのがわかります。

寝る前に湯たんぽを布団の中に忍ばせる

冷たい布団に入ると、温まるまでモゾモゾ落ち着かないってことありますよね。
でも布団に入る少し前に湯たんぽを忍ばせておけば、布団に入ったときになんともいえない幸せに包まれます!

湯たんぽを忍ばせる位置はやっぱり足先。

湯たんぽ2b

寒い季節、まず冷たくなるのは足先。なので布団の端っこをまずは温めておきましょう!
布団に入って足元がぬくぬくしてきたら、次に温めたいのはお尻から太ももの後ろあたり!
女性のお尻は結構冷えています。
お尻は脂肪が多いから冷えやすいんです。
湯たんぽをあてるとジワ~っと温まるあの感じ、体の緊張もほぐれてくる感じです。

その後は自分で冷えてるなあと感じる場所に、少しずつ湯たんぽを移動させながら体全体を温めていきましょう!
私のおすすめは太ももの後ろ。結構冷えていたことを実感するはずです。
そんなことをしているうちに、布団の中はもう湯船に浸かっているような心地よさです。(笑)

でも、ずっと同じ箇所に湯たんぽを直接当てていると低温火傷をしてしまうので、体が温まってきたら、必ず最後は体から少し離れたところに湯たんぽを移動させましょうね。

これから冬本番、うっかりして風邪などひかないよう湯たんぽで温まりましょう!

関連記事:かわいすぎてズルイ!おしゃれ女子たちにおススメな湯たんぽ「fashy」

関連記事:湯たんぽはこんなに進化していた!冬を快適に過ごすための湯たんぽ最新情報

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!



スポンサーリンク