田舎暮らしにこそLED!殺虫剤より効果的、まずやるべきエコな虫対策はこれだ!

都会から田舎へ。

自然いっぱいの中で暮らす豊かな時間。窓の外をふと見れば、緑溢れる景色に癒される。
はい、その通りです!
そこは全く否定しません。私も現在鋭意満喫中です。ぶっちゃけ最高です!
東京でマンション暮らしをしていた時は、「窓から緑が見える部屋がいい」と不動産屋にしつこく訴え辟易とさせていた私です。今はむしろ、窓の外には緑しか見えません!(笑)

しかし、自然は好きだけど、やっぱり虫が苦手・・という方、多分たくさんいますよね。
田舎暮らしに憧れるけど、虫が苦手で移住に踏み切れない・・という方もたくさん知っています。
しかし残念ながら、自然豊かということは、虫も自然豊かに存在しているということです。
これはどうにもなりません。
特に、夏本番の今の季節、虫に悩まされてる方は多いのではないでしょうか。

田舎の夏の夜はこんな感じです。

まず、網戸。昆虫採集状態です。これは何の虫??という虫がいっぱいへばりつきます。
とにかく見たこともないようなデカイ虫や蛾が網戸に体当たりしながら羽音を響かせます。
とにかくうるさいし、これがなかなかに慣れない。
そして網戸の隙間から入れるような小さい虫は、どんどん部屋に不法侵入して電気のまわりをブンブン、そしてバラバラと落ちてきます。ご飯の上でも容赦ありません。体にもまとわりついてきます。
虫が苦手な人が心折れるには、もう十分な環境です。

雑誌では、素敵な林の中の一軒家、しかもあろうことかデッキで(!)、ムーディな明かりを灯しながら一杯、なんて写真ありますよね。
実際に田舎に暮らしてみると、これって本当に可能なのか?といぶかしく思ってしまいます。(笑)

では、田舎で素敵な夜は過ごせないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません!

実はこれ一つで、夜に虫が寄ってくるのを劇的におさえられます!

電球をLEDに代える。

これだけです。(笑)

今年、我が家も居間の電気をLEDに代えました。
借りた家にもともとついていたザ・和風のよくある電気のカサをようやくおしゃれなカサに代えようというときに、なんとなく、そう、なんとなくLEDにしたんです。
もちろん、LEDは虫が寄ってこないらしいという話はなんとなく知っていましたが、都市伝説みたいなものくらいに思ってたんですね。

そしたらですよ!
なんと、網戸にへばりついていたデカイ虫が昨年の7割ほどは減ってるじゃないですか!
いやもちろん、全く来ないわけじゃないですよ。でも7割減るってすごすぎないですか??
なぜもっと早くLEDに代えなかったのだろうか・・。(泣)

LEDは電気代が安くなる、というエコのイメージしかない方も多いと思いますが、

田舎暮らしにこそLED!と声を大にして言いたいと思います。

ではなぜ虫が来なくなるのでしょうか。
それは「LEDは虫が寄ってくる原因となる紫外線を出さないから」ということのようです。

【夏の夜、街灯や家の窓などに虫が集まっている様子を見たことはありませんか?
虫は明るいものであれば何でも寄ってくるわけではありません。実は、紫外線を目指して集まるのです。
LED電球は、虫たちの可視光域である紫外線をほとんど出しません。つまり、虫にはLED電球が見えないのです。
照明器具に虫の死骸などが溜まることも少なく、清掃の手間を大きく削減できます。】
 引用:
 http://www.eco-den.jp/about_led/low_ultraviolet_light/

おお、素晴らしい。。

我が家も昨夏は、朝起きると細かい虫の死骸が部屋中に散乱、掃除機をかけないといられないレベルでしたが、今年は「毎日掃除機かけないと畳の上に座る気になれない!」という環境からは脱することができました。

そしてLEDには、こんな効果も。

【LEDは紫外線のほか、赤外線もほとんど出さないという特性もあります。
このため、従来の白熱電球や蛍光灯のように熱を発することも少なく、
照明器具の劣化を防ぐ効果も期待されます。
また、紙や衣類などの色あせや傷みは、紫外線と赤外線が大きく影響していますので、
こうした心配も軽減できます。】
 引用:
 http://www.eco-den.jp/about_led/low_ultraviolet_light/

大切な美術品などあるお家だとこちらも重要ですね!古民家にはかけじくなどもあったりしますからね。(笑)
なんだか本当に良いことづくしです!

しかも電気代が安くなるとは知っていましたが、こちらを見て驚愕。

【例えば、毎日夕方6時から深夜11時半まで5時間半利用した場合、
電球1個につき1か月で約210円電気代が安くなります。】
 引用:
 http://www.eco-den.jp/about_led/electric_power_saving/

電球1個の価格が高いので今までなんとなく敬遠していましたが、1ヵ月で210円x12ヵ月で年間2540円安くなる計算。
1年で電球1個分の費用を余裕でペイできちゃいます。なんてもったいないことをしていたのか!反省です。

田舎暮らしではランニングコストを下げることも重要なので、移住したときに一気にLEDに代えてしまう、というのも手だと思います。まあ、そこまでしなくても毎日長時間使用する部屋を代えるだけでも十分効果はあると思いますが。

いや~、LEDは田舎暮らしにイノベーションを起こしたといっても過言ではありませんね!(いまさら笑)
今まで単なるエコとしてのイメージしかなかったLEDですが、これからは田舎暮らしの必須アイテムとしてバンバンおすすめしていきたいと思います!

しかし、LEDの使用には少し注意も必要のようです。

【LED電球は白熱電球と違って密閉されておらず、内部に水分や湿気が入り込んでしまいます。
その場合、内部の電子基板は水に弱いので、直接水がかからずとも湿気で故障してしまいます。
故障で済めばいいですが、発煙・発火の可能性もありうるので、湿度が高いところや濡れる可能性のある場所で
使用する際は、必ず『防水』のLED電球をお選びください。】
 引用:
 http://news.only-1-led.com/yes-or-no-led

水に濡れる場所では、それ専用のLEDを選ぶ必要があるんですね。
田舎の家は雨漏りのする家も多いので、お風呂場、トイレなど以外でも注意しましょう。

LED電球の選び方

さて、いざLED電球を買おうと思ったときにとまどういくつかのポイントがありますので、3つポイントをあげて説明しましょう!

■明るさの単位(ルーメン)
■色の種類(電球色、昼白色、昼光色)
■光の広がり方(直下タイプと全方向タイプ)

明るさの単位(ルーメン)

LED電球では、60Wとか100Wとは全く違う明るさの単位、ルーメンで表記されています。
いきなりそこで心折れる人もいると思いますので(私だけ?笑)、明るさ早見表で確認してみましょう。
家でよく使われている電球は60Wくらいでしょうかね。
とすれば、810ルーメン以上1160ルーメン未満のLED電球を購入すれば、今までの明るさを維持できる、ということになります。

LEDルーメン
 引用:
 http://www.led.or.jp/led/led_denkyu.htm#a04

色の種類(電球色、昼白色)

色については2種類あります。

■電球色
■昼白色

昼白色は白っぽく、どちらかというと蛍光灯に近い感じでしょうか。
ここで大切なことがあります!

LED電球は、電球色(暖色)の方がさらに虫が寄ってこないらしい!

昼白色でも効果はありますが、電球色の方がさらに効果があるらしい、とのことですので、こちらをおすすめします。
でもまあ、ここは好みで!

光の広がり方(直下タイプと全方向タイプ)

最後に、LED電球には光の広がり方に大きく分けて2タイプあります。

■直下タイプ
■全方向タイプ

イメージ的には、直下タイプはテーブルの上を中心に照らすちょっとムーディなタイプ、
全方向タイプは、全方向的に光を拡散するので、部屋全体を明るくしてくれるタイプ、といったところでしょうか。
私は、夜部屋が明るすぎるのが苦手なので直下タイプを使っています。

余談ですが、東京に住んでいるときは仕事から帰ってきて部屋が明るいととても疲れるので、間接照明一つの真っ暗な部屋にいたのですが、田舎暮らしを始めるようになってそこまでの暗さを求めなくなりました。
それというのも、やはり東京に比べて、いや比べるというレベルではなく、夜は周囲が真っ暗だからでしょうか。(笑)
「夜は暗い」って、本当は当たり前のことなんですけどね。

さて田舎暮らしなうのみなさん、いかがですか?
いいことづくめのLED、ぜひすぐに電気をLEDに交換して静かな夏の夜を体感しましょう!

関連記事:
「カメムシはガムテープで捕獲!」が田舎の常識
蚊取り線香の歴史、そして今も天然素材100%の蚊取り線香があった!
大人の田舎暮らし自由研究「ムカデを知ろう!生態と対策」
虫刺されのかゆみから救ってくれるのは50℃の熱湯だ!

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!


スポンサーリンク