田舎暮らしにこそLED、まずやるべきエコな防虫対策はこれだ!

都会から田舎へ。

自然いっぱいの中で暮らす豊かな時間。
窓の外をふと見れば、緑あふれる景色に癒される。
はい、その通りです。
ぶっちゃけ最高です。

東京でマンション暮らしをしていた時は、不動産屋に「窓から緑が見える部屋がいいんですけど」としつこく訴え辟易とさせていた私です。

今はむしろ、窓の外には緑しか見えません!

しかし、「自然は好きだけど、やっぱり虫が苦手」という方、たくさんいますよね。
「田舎暮らしに憧れるけど、虫が苦手で移住に踏み切れない」という方も結構多い。

しかし残念ながら、自然豊か=虫も豊か、です。
これはどうにもなりません。

田舎の夏の夜はこんな感じ

真夏の夜の網戸。
それは、昆虫採集状態です。

「これは何の虫??」という虫がいっぱいへばりつきます。
とにかく見たこともないようなデカイ虫や蛾が、網戸に体当たりしながら羽音を響かせます。
とにかくうるさいし、これがなかなかに慣れない。

そして網戸のすき間から入ってきた虫は、電気のまわりをブンブン飛びまわり、そしてバラバラと落ちてきます。
体にもまとわりついてきます。
虫が苦手な人が心折れるには、もう十分な環境です。

⇒ 虫の侵入をふせぎたいあなたには、こちらの記事もおすすめです。
網戸のすき間をふさいで、虫の侵入をシャットアウト!

じゃあ、田舎の夜に明かりをともしたら、もうあきらめるしかないの?
いえいえ、そんなことはありません。

実はこれひとつで、夜集まってくる虫を劇的に減少させることができるのです。

電球をLEDに代える

これだけです。

我が家は居間の電気をLEDに代えました。
電気のカサを代えるにあたって、なんとなく、そう、なんとなくLEDに代えたんです。
もともと「LEDは虫が寄ってこないらしい」というのは知っていましたが、都市伝説みたいなものくらいにしか思ってなかったんですね。

そしたらですよ!

網戸にへばりつく虫が、前年の半分以下に減少!

もちろん全く来ないわけじゃないですよ。
でも半分以下ってすごくないですか。
なぜもっと早くLEDに代えなかったんだろうか!

LEDは「電気代が安くなる」というイメージしかない方も多いと思いますが、

「田舎暮らしにこそLED!」と声を大にして言いたいと思います。

ではなぜ、虫が来なくなるのでしょうか。
それは「LEDは、虫が寄ってくる原因となる紫外線を出さないから」ということのようです。
すばらしい。(泣)

LEDに代える前の夏は、毎朝起きると細かい虫の死骸が部屋中に散乱。
掃除機をかけないといられないレベルでしたが、今年はだいぶましになりました。
LEDさまさまです!

「でも、LED電球って高いしなあ」と思っているみなさん、これを見てください。

【例えば、毎日夕方6時から深夜11時半まで5時間半利用した場合、
電球1個につき1か月で約210円電気代が安くなります。】
 引用:
 http://www.eco-den.jp/about_led/electric_power_saving/

1ヵ月で210円電気代が安くなるということは、年間2,540円安くなる計算。
1年で電球1個分の費用を余裕でペイできちゃうんです。
これなら代える価値ありますよね。

まずは、夜に過ごすことの多い部屋の電気だけLEDに代えてみてください。
その劇的な変化に感動すること間違いなしです。

LED電球の選び方

しかしいざLED電球を買おうとすると、ちょっととまどいませんか?
特に明るさの単位「ルーメン」がいまいちよくわからない。

LED電球では、「ルーメン」という聞き慣れない明るさの単位で表記されています。
私はもうそれだけで心折れるんですが、そんな私みたいな方のために明るさの早見表をはっておきます。

LEDルーメン
引用:http://www.led.or.jp/led/led_denkyu.htm#a04

色は2種類あります。

電球色と昼白色。
昼白色は白っぽく、どちらかというと蛍光灯に近い感じでしょうか。
電球色は、いわゆる暖色系のあれですよね。

ちなみに、電球色の方がさらに虫が寄ってこないらしいですよ。

使い比べてないのでなんともいえませんが、そうらしいです!

そしてLEDになって、光の広がり方も選べるようになりました。
直下タイプ、広配光タイプ、全方向タイプ。

目安として、直下タイプは120度、広配光タイプは180度、全方向タイプは260~300度の範囲を照らします。

イメージ的には、直下タイプはテーブルの上を中心に照らすちょっとムーディなタイプ。
全方向タイプは全方向的に光を拡散するので、部屋全体を明るくしてくれるタイプ、といったところでしょうか。
私は夜に部屋全体が明るすぎるのとか苦手なので、直下タイプを使っています。

余談ですが、東京で暮らしているときは仕事から帰ってきて部屋が明るいのがとても疲れるので、友人に「闇鍋レベル」と言われる暗い部屋で過ごしてましたが、田舎暮らしを始めてからそこまでの暗さを求めなくなりました。
それというのもやはり、東京に比べて、いや比べるというレベルではなく、夜は周囲が真っ暗だからでしょうか。(笑)

さて、虫が苦手な田舎暮らしのみなさん、本格的な夏が訪れる前に電気をLEDに代えて静かな夏の夜を迎えましょう!

本日の四方山商店イチオシ

私が使っているのは、60W、電球色の直下タイプを使っていますが、一般的には広配光タイプがよく使われていると思います。
それにしても、LED電球って安くなりましたね。
出始めたときは2,000~3,000円くらいしてたと思うんですが、今や1,000円切ってます。

ちなみに購入するときに注意があります。
LED電球は水に弱いので、通常のものでは浴室などには使えなかったりします。
浴室で使いたい場合は、事前に使えるかどうか確認してから購入しましょう!

関連記事:

網戸のすき間をふさいで、虫の侵入をシャットアウト!

蚊取り線香の歴史と、天然素材100%でつくられる蚊取り線香

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク