「夏みょうが」と「秋みょうが」があるって、知ってましたか?

私、知りませんでした。(笑)
「夏みょうが」と「秋みょうが」があるなんてこと!
とはいっても品種が違うということではなく、植え付けの時期が違うというだけのようです。

みょうがって、そうめんに入れたり冷ややっこに乗せたり、どちらかというと夏のイメージですよね。

どんな違いがあるの?

一般的には「秋みょうがの方がおいしい」と言われているようです。
そうなんだ!

「夏みょうが」の方が色が薄く緑っぽい感じで、小さめであまりつまっていない。
「秋みょうが」の方が赤い色が濃く、大きめでぎゅっとつまっている。

全然知りませんでした。
まあ、ハウスとかで育てられたものは関係ないと思いますけどね。

ちなみに下の写真は秋みょうが。
ご近所さんが育てているものを頂きました。張りのある立派なみょうがです!

みょうが1

我が家の敷地内に勝手に生えていたのはどうも夏みょうがのようでした。
見つけたときはすっかり花が咲いてしまってましたけど。(笑)

でもみょうがの花は食べれるって知ってましたか?
天ぷらとかおいしそう・・。
って、・・結局なんでも天ぷらにすればおいしいっていう話も、あるけど。(笑)

みょうが2

秋みょうがを楽しむ

秋みょうがの出まわる9月ともなると、そろそろそうめんも冷ややっこも飽きてきた頃。
さて、どうする?

もちろん、みょうがの甘酢漬けでしょ!

私、みょうがの甘酢漬けが大好きなんですよねえ~。
でも東京でそれを作ろうと思ってスーパーへ行くと・・・

みょうが3個パックで198円。

そんな感じです。
甘酢漬けするくらいみょうが買うのに、いったいいくらかかるねん!!!
そう、みょうがって結構高いんですよ、都会では。
まあ甘酢漬けにしようとか思わなければ、みょうがってどちらかというと薬味の立ち位置だから、そんなに大量に売ってもしょうがないんでしょうけど。

「みょうがなんて1回植えればいくらでも出てくる」
みたいなことよく聞くのになぜこんなに高いのだ、という謎はとりあえず置いときます。

みょうがの甘酢漬けつくり方

【材料】
・みょうが
・らっきょう酢

「らっきょう酢」ってみなさん知ってますか??
私は高知に来て初めて知ったんだけど、全国的にあるものなんだろうか。

この辺りでは、らっきょう酢はあたりまえのように使われています。
ぶっちゃけ、めっちゃ便利。(笑)
これさえ持ってれば、野菜がちょっと多くて余ったときもこれに漬けちゃえばいいんですから!
でもちょっと甘さが強いので私はこれに少しお酢を足しています。

もし「らっきょう酢」がない場合は、お酢、砂糖、塩(もしくは醤油)など、お好みで甘酢をつくってください。

【作り方】
1.みょうがは洗って水気をよく拭きとる。大きい場合は縦に切る。
2.消毒した保存瓶に1のみょうがを入れて、みょうがが隠れるくらいまでらっきょう酢(もしくは手作りの甘酢)を入れる。

以上。(笑)

ちなみに瓶の消毒については記事にしていますのでこちらもどうぞ。
「保存瓶の消毒」は旬を楽しむ保存食づくりの第一歩!

みょうがを熱湯で湯通ししてから漬ける方が、漬けたときに鮮やかなピンク色になるそうですが、湯通ししなくてもきれなピンク色になりました!

下の写真は、漬けた直後。

みょうが3

それが翌日には、こんなきれいなピンク色に!
しかしもっと詰められたなあ・・・。

みょうが5

ちなみに、みょうがを洗ったらよく水気を拭いてから漬けましょうね。
なんでもそうだと思うんですが、水気をよく拭きとらないと悪くなりやすいみたいです。

ふふ、憧れの「みょうがの甘酢漬け」できた~!

みょうがネタ、おまけ

みょうがについて調べててわかったんですが・・・
実は高知って、みょうがの生産量日本一なんですね!

このたび、高知県が生産量1位を誇る「ミョウガ」の記念日が制定されました!
6月が旬!いい(1)みょうが(3)!!  <6月13日:いいみょうがの日>
6月はミョウガの収穫が最盛期に入ります。高知県で収穫されたミョウガは、他産地のものに比べて色が鮮やかでつやがありとってもきれい!丸みがあって、張りのあるものを選ぶのがオススメ!
引用:こうち農業ネット

6月13日は「いいみょうがの日」だそうです。
なんかすごく平和でいいです、こういうの。(笑)

ちなみにみょうがは「ショウガ科ショウガ属」に属しているそうなので、そっか、高知はショウガの生産地としては超有名ですもんね!
適した環境が似てるんだろうか。

ああ、ショウガについての記事も今後書いていきたいな。
乞期待!

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!



スポンサーリンク