「ムッキーちゃん」があれば、文旦の皮むきもラクラクです!

みなさん、文旦(ぶんたん)ってご存じでしょうか?

四国の方ならみなさんお馴染みかと思いますが、関東出身の私は高知に来て初めて知りました。

mucky1b

上の写真の中央に写っている一際大きな柑橘が「文旦」です。
これは頂き物でちょっと小さめですが、店頭に並んでいる文旦はもっと大きく立派。

私は柑橘類の中ではっさくが一番好きなのですが、文旦も負けないくらいおいしい!
そう思っていたら、なんとはっさくは文旦と他の柑橘類の交配種でした。
なるほど、通りで気に入るはずです。

しかしはっさくも皮を剥くのがちょっと面倒な果物ですが、文旦はさらに大きく皮がとんでもなく厚いため、剥くのにはかなり難儀します。

だけど「ムッキーちゃん」があれば大丈夫!

mucky2b

これ、四国では常備しているお宅も多いんですが、私は高知に来て初めて知りました。
さすが柑橘大陸、四国です。
こんな存在知らなかった!

そして使ってみて、思いました。

一家に一個、ムッキーちゃんです!

外側の皮を剥くときに、そしてふさから果肉を出すときにも、両方で大活躍!
そう、このふさから果肉を出すときの活躍が、ちょっとしたことなんですが目からうろこでした。

「ムッキーちゃん」はこうやって使う!

mucky3

まず、ムッキーちゃんをパカっとはずすとふたつになります。
白い方は外側の皮を剥くときに、そしてオレンジの方はふさから果肉を出すときに使います。

まず、外側の皮を剥いていきましょう!

mucky4

白い方の先端に内側にはとがった部分があって、それを皮に刺してひきながら皮に切り目を入れます。

文旦は皮が厚いので、手で剥くのはかなり大変です。
でもムッキーちゃんを使えば、かなりスマートに剥くことができるんです。

mucky5

そして皮を剥いてふさから果肉を取りだすとき、みなさんはいつもどうしてますか?
はっさくとかもふさが結構厚いので、無理矢理に手でやろうとすると果肉がつぶれて汁がダラダラ・・なんてことになってませんか?

ムッキーちゃんがあれば、これまたスマートに果肉を取りだすことができます!

今度はムッキーちゃんのオレンジの方を使います。

mucky6

刃は溝の内側についているので安心ですね。

使い方は、刃が右側になるように置いた場合、種がある方を下に向けて左から右にすべらせます。

mucky7

すると、なんということでしょう!
きれいにふさがぱっかり開くではないですか!

私、最初にこれを使ったとき、超感動しました。(笑)
なんというスマートさ!

mucky8

お客様に文旦を剥いて出したいときも、これでピンとした果肉を出すことができますよね~。

山盛りの文旦がするすると剥き終わりました。
さて、ひとりで全部食べましょうかね。

えへへ。

本日の四方山商店イチオシ

本日のイチオシは、もちろん「ムッキーちゃん」です。
これは本当に目からうろこの商品でした。
安いものですが、あるのとないのでは大違いです。
今までは包丁で切り目を入れてたお母さんも、これがあればお子さんがいても安全に使えますよ。

そして、文旦は今が旬です!
はっさくに似ているので、はっさく好きの人は絶対に好きだと思います。
高知ではこの時期、当たり前のように店頭に並びますが関東では見なかったですね。
文旦は少し置いておくと甘みが増すそうですよ。

おいしい高知の土佐文旦、ぜひ味わってみてください♬

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク