冷凍梅を使って一晩でできる、おいしい梅シロップのつくり方

暑い夏、畑仕事のあとの梅ジュース、最高なんです。
まさに、生き返ります。

水で割るもよし。
炭酸水で割るもよし。

そして、私のおすすめは牛乳割り。

梅シロップの牛乳割り、めちゃめちゃおいしいんです!

なんというか、ちょっとヨーグルトドリンク的な感じになるんですが、濃厚な甘さの中に梅のさわやかさもあるという、ちょっとくせになるおいしさなんです。

なので梅をたくさん収穫したら、梅酒より梅シロップだと思うんですよね。
夏の暑い日、ガブガブ飲みたいじゃないですか。
そして梅シロップつくるなら「とりあえず大瓶」じゃなくて、「とりあえず冷凍」だと思うんですよね。

だって梅を冷凍しておけば、いつでも好きなときに一晩で、梅シロップできちゃうんですから!

冷凍梅でつくる梅シロップ

梅はきれいに洗って、へたをとって、よく水気を拭き取ってからジップロックなどに入れて冷凍します。
冷凍することで梅エキスが出やすくなるんですね。
普通に大瓶で漬ける場合でも、梅を冷凍してから漬けるやり方もあるくらいなんですよ。

ちなみに梅は、解凍せずに凍ったまま使います。

材料は、冷凍梅と氷砂糖を1:1。
冷凍梅500gなら、氷砂糖も500gです。

それを炊飯器に入れます。
最初に梅、その上に氷砂糖と重ねて、一番上に氷砂糖を並べるようにします。

そしたら後は、「保温」ボタンを押して12時間待つだけです。
最初のうちは、ときどきフタを開けて中を混ぜてあげましょう。

12時間経つと、梅もしわしわ。
しっかりと梅エキスが出ていますが、氷砂糖はまだ溶けきってなかったりします。

私は殺菌処理も含めて、梅を取りだしてから鍋で火にかけました。
煮立たせないようにしながら氷砂糖を溶かして火をとめ、あら熱が取れたら消毒済みの瓶に保存。

美しい琥珀色じゃないですか。
こんなに簡単にできるんですね。
少しずつ必要な分だけつくることができるのも魅力です。

そしてしわしわになった梅も、甘くておいしい・・。
そのまま冷蔵庫で保存しておやつにしてもいいし、梅シロップでゼリーとか作ってその中に入れてもいいですね。
梅シロップと牛乳でシャーベットなどもできるみたいだし、夏は重宝しそうです!

本日の四方山商店イチオシ

セラーメイトでこんな商品もあるんですね。
これ、できあがった梅シロップ入れるのに便利じゃないですか。
ゆず酢とか入れるのにも便利そう。
シリコンの注ぎ口も外せるようなので、洗ったり消毒もしやすそうですね。

【関連記事】

初めての梅仕事はこれがおすすめ!「梅エキス」の作り方

完熟梅で梅仕事、梅干しの作り方は意外と簡単だった!

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク