冬いちごのジャムは、お山暮らしの密かな楽しみ

この季節、私はそわそわと落ち着かなくなってしまう。
それは冬いちごが実り始める季節だから。

冬いちごは、「私は山暮らしを始めたんだ」という小さな喜びをくれた。
だってその存在さえ、東京にいるときは知らなかった。

冬に実るいちごがあるなんて。

昨年の冬、初めて冬いちごの存在を知って、初めて冬いちごでジャムを作った。

冬いちごはつる性の植物で山地の割と日陰の場所にあって、その実は葉っぱの影に隠れて目立たない。とはいえ、真っ赤な実はチラチラとサインを送ってくれる。

冬いちご1

ひとつ見つけて辺りをよく見回すと、「あ、ここにも!」という具合に次々と発見できる。
10月の終わりに冬いちごの季節が始まり、11月~12月まで楽しめる。

冬いちごを栽培しているなんて話は聞いたことはないし、ほぼ野生のものだけ。
だからこそ、お山の暮らしを始めたんだという感動を与えてくれる。

お山の密かな楽しみをひとつ覚えた、という喜び。

実は我が家の庭にも冬いちごのつるがあることを今年の春に発見して、草引きをするときも丁寧に冬いちごのつるだけは残すようにしていたけれど、結局我が家の冬いちごも日の当たる平地では実をつけず、木のうっそうとする日陰ではひっそりと実をつけていた。

冬いちご3

嬉しいことに我が家の周辺にも冬いちごが多く実るエリアを発見。これからは毎年の楽しみになりそうだ。

冬いちごの味は甘酸っぱい。そのまま食べると少し酸味がきつい。
でもそれがジャムにすると本当においしい。種のプチプチ感もまたいいのだ。

そのさわやかな酸味と甘さに、一発でとりこになってしまった。

冬いちご2

私にはたくさんの夢があるけれど、そのひとつがこういう野生の食べれる植物ばかりの庭をつくること。
初夏に実る草いちごも、今年友人の畑からもらってきて庭に植えてみた。
ほとんどは枯れてしまったけれど、一苗だけなんとか生きてるものがあったので来年どうなるか楽しみだ。

野いちごって、やっぱりこう、なんというか、つい惹かれてしまう乙女心。(笑)

本日の四方山商店イチオシ

小学生の頃の愛読書「赤毛のアン」、私はアンと同じように完全に夢見る乙女でした。(笑)
そして中学生になったときにこの本を買ってもらって、毎日のように眺めてその世界観にうっとりしていたという思い出の一冊です。ここで紹介されている料理もいろいろ作りました。
記事を書きながら、そのことをどうしても思い出してしまって。

 

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!

▼ Facebookでフォロー(いいね!クリック)


▼ Twitterでフォロー


スポンサーリンク