田んぼの稲を鎌で手刈りするときのハウツー「まとめ」

今年、移住2年めにしてようやく地元の稲刈りに参加できました。
移住する場所は田んぼがあるところがいいと思っていたのでようやく参加できてうれしい!

移住する前も、稲刈りのお手伝いには何度か行ったことがあったんですが、「鎌で手刈りする」やり方について、なるほどと思ったこともあったのでまとめです。

コンバインなどで刈る田んぼでも、コンバインが入りにくい角の方や、ぬかるみのひどい場所など状況によって手刈りする機会は結構あるので参考にしてもらえたらと思います!

稲を鎌で手刈りする

手刈り1b

地元の農家さんに教えて頂いた方法です。
鎌で手刈りをするときは、まず鎌でひっかけて稲をまとめ、まとめた稲を左手で外側からつかんで、鎌で稲の根元近くを斜めに切ります。

これが意外と難しいんですよね。
つい、内側から稲を持ちたくなってしまう。
でもそうすると親指が下向きになってしまうので危険なんだそうです。
鎌で稲を刈るときに親指まで切ってしまう可能性がある。

つい、いつものようにさっと内側から持ってしまいたくなるので、もたもた。(笑)
慣れるまではイライラしそうだけど習慣づけたいですね。

刈った稲束を結束する

手刈り2

刈った稲は、6束くらいでひとつに結束します。
稲束をまとめたら、ワラ3~4本を根元に巻きつけてねじっていきます。
そしてねじったワラをぎゅっとひっぱって、巻きつけたワラの隙間にねじったワラを折り曲げて差し込みます。

ちなみにコンバインで稲刈りをしている場合は結束することはないですが、農家さんはお正月のしめ飾り用に脱穀の済んだものを3束くらい持ち帰っていました。
なんかいいなあ・・。

ぬかるみを歩く

手刈り3

天候が悪かったり、日照条件の悪い場所だったりすると、稲刈りをするときでもまだぬかるんでいる場所もあります。
そんなときにうっかりずぶずぶ入っていくと、ぬかるみにはまり身動きとれない事態に。(笑)
そんな事態を最小限に防ぐには、刈った稲の株の上を踏んで歩くといいそうです。
確かにちゃんと株の上を歩いていればぬかるみにはまらない!
とはいえ、作業しているうちに忘れてしまい、またぬかるみにはまったりするんですけどね。(笑)
でもこれ、ぬかるみにはまることを最小限にしてくれます!

本日の四方山商店イチオシ「日本野鳥の会の長靴」

畑仕事もそうですが、田んぼへ行く時も「長靴」は必須です。

長靴は動きやすいように、なるべくやわらかい素材のものにしましょう。
おすすめは、日本野鳥の会が販売している長靴です。
こちらは価格も安く、デザインもかわいく、素材もやわらかいのでおすすめです。

田んぼで農家さんに長靴チェックされましたが(笑)、この長靴でオッケー出ましたよ!

干潟やぬかるみでのバードウォッチングを想定しているので、田んぼ作業にも向いているんですね。

ぬかるみでも靴が脱げてしまわないように足首の部分は少し細い作りになっています。
普通の長靴でぬかるみにはまると、本当に足だけがスポっと抜けてしまってどうにもならなくなるので注意です。(笑)

もうひとつ、この長靴の素晴らしいのはかかとの部分に突起があることです。

これがあるのとないのとでは全然違う!
片足でその突起を踏みながら脱げば、スルスルと楽に脱げるんです。
以前購入した長靴はこれがなかったため、長靴を脱ぐときは大騒ぎ。
玄関であばれまくって、最後は切ってやろうかと思うくらいでした。(笑)

まだ長靴で消耗してるの?(笑)

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!



スポンサーリンク