木工パテの使い方は「使用上のポイント」まで読むべきだった件

久しぶりにDIYネタです。
夏頃、初めてのDIYでサイドテーブルをつくってウキウキ家に持ち帰ったものの・・その後なぜ最後の仕上げについて書けていなかったのか・・。
記事:板材を2枚重ねて天板をDIY!側面に板を貼るとおしゃれな仕上がりに

それは・・仕上がってないから(!)

木工パテで隙間を埋めてきれいに仕上げよう!

木工パテ1

色気づいて、きれいな仕上がりを目指したんですよね。
すぐに近くのホームセンターに行って、木工パテを購入。
天板の周囲に貼った板の隙間を埋めようと思ったわけです。

木工パテ2

ウキウキ加減が、チューブの量に見てとれます。

木工パテの裏面に書いてあった「使用法」はざっくりまとめるとこんな感じ。

■充てんする箇所のゴミや汚れを取り除く
■チューブを出して、ヘラで押し込む
■ヘラで余分なパテを取り除き、平らに仕上げる
■完全硬化後、ニスや塗料を塗る

使う前にざっと目を通しましたよ。
でも、完全に私の想像力が足りなかった。
そしてそう、書いてありましたよ、ちゃんと読めば。

大事なことが「使用法」ではなく、細かい字でびっしり書き込まれた「使用上のポイント」に書かれていたのです。(泣)

「はみ出した部分は濡れた布ですぐに拭きとって下さい」

そうなんですか。
私、なんか、ものすごく楽観的に「後で紙やすりで削れば取れるだろう」と思ってましたよ。

チーン。

はみ出たパテは、そう簡単には取れない!

木工パテ3

はみ出たパテを、ヘラで取る。

そんなに真剣じゃなかったかもしれない。
もっとがんばれば、濡れた布で拭きとらなくてももう少し取れていたかもしれない。

悔やんでも、もう遅いわけです。

紙やすりでこすっても、こすっても、こすっても、こすっても・・・・・・

取れない。

なぜなら、DIY初心者が作ったもの。
そもそも平らじゃない。
だから段差がいっぱいあるわけです。
だから紙やすりで削っても、なかなか取れないわけです。

木工パテ4

しかも「後は最後の仕上げだけだから♬」と家に持ち帰ってしまい、外に出すのも困難なので室内でやっていた結果、粉じんが舞うわ舞うわで・・ゴホゴホッ。

それで今だに仕上がらないというわけです。

みなさんも木工パテをご使用の際にはご注意ください。
以上、へたれDIYの現場から中継でした。

PS:そしてそんなふうにグダグダしているうちに、やっぱり新たな隙間が。(笑)

木工パテ5

木材って、日が経つにつれ乾燥して縮むんですよね。
これはもう仕方のないこと。これを防ぐためには、とにかく使う前に充分乾燥させておくしかないわけで、見ないことにします。(笑)

本日の四方山商店イチオシ

まあ、私はちょっと使い方に失敗してしまいましたが隙間をうめるにはこれです。
ちょっとした隙間を埋めるならこのくらいの少量チューブがおすすめ。
ちなみにこちらは水性です。色はもう1種類濃いのがありますし、油性のものもあります。

 

四方山商店をフォローして更新情報をチェックしよう!



スポンサーリンク